山・川・公園/ ウォーキング/ ぶらり探訪/ 海岸/ ダイヤモンド富士/ 園芸種/ 家庭菜園/ オープンガーデン/ 神奈川県花めぐり/ 野草/ 水辺の鳥/ 山野の鳥/ カワセミ/ 生き物/ 三浦七福神 / トップページ

海岸(主に富士山)の観察記録// 富士山

海岸(主に富士山)の観察記録□//三浦半島の海岸
最新/ 2018年/ 2017年/ 2015年・2016年/ 2014年/ 2013年/ 2012年/ 2011年/ 2010年/ 2009年/ 2008年/ 2007年/ 2006年/ )/

撮影日:2019年8月17日

ダイヤモンド富士: 初声漁港堤防元(g08)

☆☆☆

城ヶ島から始まってこの日までD富士は見られなかったがようやく何とか見える感じがしたので出かけました。 ついたときの太陽の姿。 久々の動画ですので少し水平線がななめになってしまった。。

撮影日:2019年4月27日

朝からどんよりと曇っていましたのでゆっくりしてましたら 17時40分頃に急に晴れてきました。
間に合わないので斉田浜にいって撮りました。

撮影日:2019年4月22日

ダイヤモンド富士: 荒崎湾(中央)(f12)

西の空は黄砂でぼんやりしていました。富士山の場所には雲が出ていて・・・でも夕日はきれいでした。

撮影日:2019年4月20日

ダイヤモンド富士: 緒方湾(県営住宅南端)(f04)

周りには10人前後の人がいました

ダイヤモンド富士: 新宿湾(番場バス停)(f07)

周りには5人前後の人がいました

撮影日:2019年4月18日

ダイヤモンド富士: 林五丁目丘1(x12)

☆☆☆

三崎方面へ行く有料道路拡張のために工事中で入れなかった。ちょうどそのときに知り合いの農家の人がいたので そこから撮影しました。動画は700%の速度にしました。 現地へ着いたときの 富士山。太陽が消える直前の 富士山の姿

ダイヤモンド富士: 富浦公園(北端)(e05)

ここは本日の撮影ポイントではないのだが、潮が満ちてきてるので砂浜を渡ることができなかった。 ここでの撮影者は15人ぐらいいました。スマホでの写真。

撮影日:2019年4月16日

ダイヤモンド富士: 芦名海岸(佐島の丘2)(x31)

☆☆☆

撮影者は周りに10人
着いたときの状況/ ぼやぼや/ もう少しで太陽が消える/ 太陽が富士山の後に/

ダイヤモンド富士: 芦名海岸(老人ホーム)(d10)

☆☆☆

撮影者は周りに2人ぐらい。主人が撮影
着いたときの状況/ ぼやぼや/ もう少しで太陽が消える/ 太陽が富士山の後に/

撮影日:2019年4月15日

ダイヤモンド富士: 秋谷海岸南端(d04)

☆☆☆

三浦半島では今年になって初めてダイヤモンド富士が見えました。撮影者は周りに20人ぐらい。
着いたときの状況/ ぼやぼや/ もう少しで太陽が消える/ 太陽が富士山の後に/

ダイヤモンド富士: 芦名海岸北端(d06)

☆☆☆

周りに4〜5人ぐらい。ここは低いポイントですので秋谷海岸の方に撮影者は行ったみたい。主人が撮影

撮影日:2019年4月13日 久留和海岸(北端)

午前中は富士山が見えていましたが次第に雲が出てきました。

撮影日:2019年4月9日 森戸海岸(貸しボート小屋)

頂上付近に大きな厚い雲があり、海に太陽が反射しなかった。
撮影者は20名ぐらいだが 真名瀬海岸(バス停横)には大勢の人がいました。
きっと昨年度のデータをみて集まったのだと思います。

撮影日:2019年4月6日

ダイヤモンド富士: 逗子海岸中央(a07)

家を出るときは快晴でしたが太陽が富士山にかかるときには雲が出てきました。

撮影日:2019年3月19日

2019/03/19:走水海岸

2019/03/19:馬堀海岸

2019/03/19:馬堀海岸

2019/03/19:馬堀海岸

2019/03/19:馬堀海岸

撮影日:2019年3月8日

夕方、きらほしさんから教えて頂いてすぐに斉田浜(e02) 行きました
花粉光環
大気中に飛散した大量のスギ花粉によって生じる光環。光の回折現象の一種で、 虹のような輪が二重三重に広がって見える。

撮影日:2019年1月27日

岡崎公園北端(f02)

尾形湾県営住宅南端(f04)