三浦半島の山・川・公園/ 三浦半島のウォーキング/ 三浦半島の海岸/ 相模湾を前景に見る富士山
ぶらり探訪三浦半島/ 三浦七福神 /鎌倉めぐり/ 野草/ 野鳥/ 神奈川県花めぐり/// トップページ

小網代こあじろの森 (小網代湾)

 

神奈川県三浦半島の先端に位置してます。
はじめて小網代の森の行ったルートは赤ルートである。引き潮だけの時に可能である道。狭い道など道無き道を進んでようやくたどり着いた。そこは別世界である。
海、河口から湿原、さらには源流域の森林が自然状態のまま一体として残り、豊かな生態系となってます。 こうした環境は関東、東海地方ではこの小網代に残るだけだと言われています。
なお、水位が30cmぐらいであれば浜辺に沿って歩くことができます かなり長い間、整備をしてました。本日2014年7月20日8時30分よりはいっていいと広報に出てましたので早速行ってみました。確かに遊歩道は整備されて 歩きやすいが私としては前の姿の方が森らしくて落ち着けます。 

利用時間:4月〜9月は8時30分から19時まで。10月〜3月までは8時30分から17時30分まで。  

油壺・入り江のみち

城ヶ島公園

油壺散策コース

小網代の森

三崎港

海外港

浜諸磯

諸磯湾

油壺

荒井浜

胴網ノ浜

横堀海岸

白髭神社





小網代の森に生息しているカニの種類


白髭神社/ 船着き場渡り道 から眺めた富士山


森の動画
関東、東海地方でただ一つ残っている水域の森林、河川、干潟が開発されずになってます。 そのような森の風景を動画で見て下さい。矢印にマウスを当ててポチッと押して下さい。

河口の動画
小網代湾は自然干潟が残されています。首都圏でありながら干潟に流れ出る小川にも 数々の生き物が生息しています。いろんな命をはぐくむ干潟をいろんな場所から撮った動画を紹介します。 矢印にマウスを当ててポチッと押して下さい。

野草
湿地地帯に生息している野草がたくさんあります、中には絶滅危惧種の野草も数点生息してます。 さらに環境が落ち着けば珍しい野草に出会うかもしてません。春・夏・秋に分けてその周囲に咲いてる野草の案内をします、 どんどん増加中です。ほとんどの見学者は干潟の蟹だけを見て帰られますがここは野草も魅力的です。

>

左に移動
>

野鳥
鳥の鳴き声が響き渡ります。開発されたばかりですが徐々に鳥たちは戻ってきます。何しろ餌は豊富ですから。 私は見た野鳥だけでも10種類以上はいました。徐々に紹介していきます。

この間、来たときは上空を不如帰が飛んでいたのでカメラを持って散策です。 ウグイスの動画は ボケた動画 になってしまって残念でした。



えの木テラス

休憩所だが、夏の暑い時期はたまりません。日陰がありません。

2014/07/20

展望テラス

眺め抜群

2014/07/20

小網代湾:干潟

干潟の時はいろいろなカニが出没します。カニの宝庫。

2016/05/22:水位:0cm

2014/08/11//小網代湾の奥から南東方向

2014/08/11//小網代湾の奥から南西方向

宮ノ前峠から引橋方面へ

とてもよく整備されてます。整備前の道の状況は下の方に書いてます。私は整備前のほうが 好きです。

2014/07/20
2014/07/20
2014/07/20
2014/07/20
2014/07/20
2014/07/20
2014/07/20

2014/10/27:工事前はここが入り口

2015/06/25:旧歩道

2014/07/20

北屋根(きたおね)入り口

2015年10月11日にここから 口を目指して行きましたが出口までは近かったが そこからバス停まではとにかく遠い。

2016/05/22:入り口

2014/07/20//まだ整備中(北屋根方面)

2015/10/11:入り口

2015/10/11:階段を上りきるとまた階段

2015/10/11:

2015/10/11:案内板

2015/10/11:出口

南の谷入り口

宮ノ前入り口からは行って5分ぐらいで狭い峠道があります。歩いた後はあまりなく雑草が生い茂ってます

2016/05/22:入り口

2016/05/22:入り口から5分歩いた道

水道局広場//白髭神社

小網代の森の出口また入り口。

2014/07/20:水道局広場

2016/05/23:白髭神社

2015/04/19//入り口の前の道

説明看板

小網代の森をよりよく知るためにあっちコッチに看板が立ててあります

2016/05/22://植生の変化

2016/05/22://褐色沈殿と油の皮膜

2016/05/22://カニダンス

2016/05/22://カニダンス

仮設トイレ

トイレはこの場所しかありません。白髭神社から展望テラスまで方面に歩いて7〜8分ぐらい。

2016/05/22:トイレ









-----------------------------------------------------------------------
2010年まで(整備される前) の小網代の森の環境
------------------------------------------------------------------------




森への道順

注意1
小網代入り口のバス停から約10分ぐらい歩くとこの地点に着きます。
白髭神社を前にして緩やかな坂道を右に曲がりながら進む。 この地点が小網代の森の入り口である。

注意2
森の入り口から歩いて10分ぐらいで少し坂を登ります、 ココの分岐点を間違わないようにします。
坂を下っては行けません。

注意3
黄色い矢印の方向に進みます。ここからが本格的な小網代の森の散策が始まります。
細い道で薄暗いけど・・進むと視界が開けます。 このような繰り返して進みます。

注意4
ココが一応、小網代の森の散策の始点・終点です。

注意5
矢印の方向に行くとバスの走ってる道路に出ます、バス停は右側の方向にあります。

小網代湾

小網代湾から見る富士山。クレーンの建物がじゃまをしてる 小網代の森に入る前の小網代湾の風景である。
波は静か。人工的な周りの音もない。

38:05/04/06
35:05/04/06

白髭神社

三浦七福神の 一つの長安寿老人白髭神社である。航海安全、大漁満足の神

2009/04/27

小網代漁港

とても静かな漁港でヨットが所狭しと浮かんでいた。

2009/04/27

2009/04/27

小網代の森

長靴が必要です


小網代湾の中は橋がたくさんあります。小さい小川に沿って歩きます。


小網代の森はうっそうと生い茂った草木を横にみながら歩く。


太陽が当たらなくこんもりとしてるためつねに道はじめじめしている。 入るときは長靴が必要である。特に夏場は蛇が出る。


小網代の森のど真ん中。初めての人は案内人がいないと迷う。

2009/11/06::トトロの通路と呼ばれる

17:06/11/06
2009/11/06
01:06/11/06
02:06/11/06
03:06/11/06
04:06/11/06
07:06/11/06
08:08/10/22
08/10/22
11:06/11/06
12:06/11/06
13:06/11/06
14:06/11/06
15:06/11/06
18:06/11/06
19:06/11/06

交通機関は京急の三崎口から油壺行きのバスに乗り約20分ぐらいでシボーニア入り口のバス停で 下車。そこから5分ぐらい歩くと小網代湾に着きます。 そこでトイレをすます。
なお、小網代の森はいつもじめじめしてるので長靴をはくと動きやすいです。






森・川・干潟・海がつながった、豊かな自然が残された三浦半島・小網代の森は 生き物がいっぱい。









行動記録

メンテ



三浦半島のウォーキング