三浦半島の山・川・公園/ 三浦半島のウォーキング/ 三浦半島の海岸/ 相模湾を前景に見る富士山
ぶらり探訪三浦半島/ 三浦七福神 /鎌倉めぐり/ 野草/ 野鳥/ 神奈川県花めぐり/// トップページ

油壺・入り江のみち
関東ふれあいの道

(撮影:2006/04/04)


歩行距離は10kmで所要時間は2時間30分ぐらい
マグロの有名な三崎漁港から諸磯湾に立ち寄りそこから引き返して波のおだやかな 油壺までも道。
ほとんど車道だが、交通量は多くない。
平坦な道だが・・疲れが残る。間違いやすい道が多いので注意する。

油壺・入り江のみち

城ヶ島公園

油壺散策コース

小網代の森

三崎港

海外港

浜諸磯

諸磯湾

油壺

荒井浜

胴網ノ浜

横堀海岸




 Aルート

距離:4km/所要時間:1時間30分
三崎水産卸売市場や歌舞島公園、また白秋の文学コースも堪能できる。

注1
三崎港(みさきこう)のバス停。油壺入り江のみちの出発点。 京浜急行三崎口駅からバスで20分ぐらい。



06/04/04


06/04/04

歌舞島/ 源頼朝が歌舞宴楽を催したことからこの名が残された。また、左の写真は 「よい子が住んでるよい町は楽しい楽しい歌の町♪」の石碑

a07
県の天然記念物/縞模様のスランプ構図の岩でまだ固まっていない推積物が一時的に海底になどの斜面を滑り下った結果生じた特異現象です。

a02
囲いがしてあり海が見えない。自然壊し作業中で最悪である


a02
海外(かいと)の漁港


注2
道を直進すると油壺で行きます。 諸磯湾へ行くには左の道の坂を進み、登り切ったところで左側に曲がります。 この場所のバス停の名前は「屋志倉」

 Bルート

片道の距離:2.5km/所要時間:30分間
だらだらと坂道を上がったり、降りたりする。帰りも同じ道を通るのでバスで屋志倉まで・・ 乗ると良い。バス時間を調べて諸磯湾で遊びましょう。


左側に諸磯湾が見える。


真っ直ぐ進んで左側に曲がる。


ドンドン直進。


注3
正面の神社の右側の道を行きます。そこを進んでいくと左側の写真の場所に着きます。 駐車禁止の看板の横を通って諸磯湾にいく

 Cルート

距離:3.5km/所要時間:1時間
だらだらと道路沿いの道を進み油壺に達する。この湾から急斜面を昇り急に視界がひらけると そこは最終地点の油壺バス停である。

c01
道の途中でチャボが歩いてた。



注4
右側の道を通っても行けるがここは左側にまわってください。 この道は油壺湾を見ながら最終地点へと行きます。

注5
左側に曲がって坂道を通ります。直進したら行き止まりです。


c08


注6
最終ゴール地点の油壺バス停。ここから。京浜急行の三崎口行きのバスに乗ります。







三浦半島のウォーキング