三浦半島の山・川・公園/ 三浦半島のウォーキング/ 三浦半島の海岸/ 相模湾を前景に見る富士山
ぶらり探訪三浦半島/ 三浦七福神 /鎌倉めぐり/ 野草/ 野鳥/ 神奈川県花めぐり/// トップページ

コウボウムギ
(弘法麦:カヤツリグサ科)別名:フデクサ

(撮影場所:天神島/撮影日:07/04/22)

野草の全名前

アオスゲ

アゼナルコ

カサスゲ

カンスゲ

コウボウシバ

コウボウムギ

ナキリスゲ

ヒカゲシラスゲ

ヒゲスゲ

ヒゴクサ

マスクサ

ヤワラスゲ

タニガワスゲ

ミヤマシラスゲ

テキリスゲ

ヤブスゲ




語源

弘法大師が古い葉鞘の繊維を筆に使ったといわれる。ムギは穂の形からきたもの。海岸の砂地に普通に 生える。

分布 日本全土
生育地 海岸近く
花期 4〜7月
高さ 10〜20cm



2009/06/17 (盗人狩)

2009/06/17 (盗人狩)

2009/06/17 (盗人狩)