山・川・公園/ ウォーキング/ ぶらり探訪/ 海岸/ ダイヤモンド富士/ 園芸種/ 家庭菜園/ オープンガーデン/ 神奈川県花めぐり/ 野草/ 水辺の鳥/ 山野の鳥/ カワセミ/ 生き物/ 三浦七福神 / トップページ

ヤブコウジ
(藪柑子:ヤブコウジ科)/別名:十両


(撮影:2007/11/20)

ヤブコウジの名は古くはヤマタチバナ(山橘)の名で良く知られていた。 赤い果実を山のミカンに見立てたが、それがヤブコウジ(藪柑子)になったという。 タチバナはコウジミカン(柑子)の古名。



2010/11/13

 2007

種子

2006

2006



「ヤブコウジの戦略」
 ヤプコウジが「お目出度い」といわれるのは、いつまでも同じ葉と同じ実をつけ続け、 私たちに「永遠の生命」を感じさせてくれるからです。

それがシイやカシの茂る照葉樹林の下で生きる植物のため、 茎をすこしぐらい伸ばして葉をつけても光はもらえません。
そのためヤブコウジは上にはほとんど茎を伸ばしません。
その代わり、地面に水平に這わせた茎をきわめてゆっくりと成長させながら、さし込む光が少しでも多い場所を探しているようです。
暗い場所で生きるヤブコウジの葉の寿命は相当長く、少なくとも数年間は同じ葉をつけ続けます。
一方、ようやく実らせた果実は、鳥などの種子散布者が見つけてくれるまで、できるだけ長くつけています。う〜ん。すごいよ。ヤブコウジ



万両・千両・百両・十両・一両