山・川・公園/ ウォーキング/ ぶらり探訪/ 海岸/ ダイヤモンド富士/ 園芸種/ 家庭菜園/ オープンガーデン/ 神奈川県花めぐり/ 野草/ 水辺の鳥/ 山野の鳥/ カワセミ/ 生き物/ 三浦七福神 / トップページ

水辺の鳥/ 山野の鳥/ カワセミ// 野鳥の観察(最新)// 生き物の観察(最新/ 生き物

オオシオカラトンボ

平地から低山地にかけての池や水田などで見られる。 シオカラトンボに似ているが、それよりも少し大きくて太い。成熟した♂は体を青白い粉で覆われる。♂はよく飛び、 ♀は木の枝などにとまっていることが多い。 尻尾で水面を叩いて産卵(打水産卵)をする。

2020/06/03:水辺公園

2019/09/23:沢山池

2019/06/20:光が丘水辺公園

2019/06/16:沢山池

☆☆☆

オオシオカラトンボ:2018/06/30:水辺公園

オオシオカラトンボ:2018/06/30:水辺公園

オオシオカラトンボ:2018/06/17:沢山池

オオシオカラトンボ:2018/06/17:沢山池

2017/08/12

トンボの交尾している様子にカメラを向けたら気がついたらしくすぐその場を離れて飛んでいきましたがその後を 追いかけました。そしたら雌の産卵です。その周りを雄が飛んでいて産卵の終わりまで見届けてました。 その様子を動画に撮りました。
参考までにトンボの雌は交尾して雄の精子が体内に入るがすぐに別の雄と交尾をすると前の雄の精子ははき出されてしまう。 だから雌が産卵が終わるまで見張っていると言うことです。

2017/08/12:しょうぶ園

2017/08/09:しょうぶ園

♀:2017/07/23:庭

♂:2011/07/07




2011/07/10

2011/06/29