山・川・公園/ ウォーキング/ ぶらり探訪/ 海岸/ ダイヤモンド富士/ 園芸種/ 家庭菜園/ オープンガーデン/ 神奈川県花めぐり/ 野草/ 水辺の鳥/ 山野の鳥/ カワセミ/ 生き物/ 三浦七福神 / トップページ

トウダイグサ
(燈台草:トウダイクサ科)//

野草の全名前

タカトウダイ

トウダイグサ

ナツトウダイ

語源

燈台とは岬に立つものでなく燈明台をさします。平たい丸い葉が並んだ様子は燈明台にそっくりです。 誤って食べると口内や胃の粘膜が炎症を起こし、腹痛、吐き気、下痢などの症状が現れる。 また茎を切ったときに出る白色の汁が皮膚に付着するとかぶれを起こす。 同属のナツトウダイ、タカトウダイ、ノウルシなども同じように有毒

分布 日本全土
生育地 川の土手など
方言 カブレグサ
花期 3〜5月
花の径 約0.5cm

2019/03/30:沢山池

☆☆☆

2015/03/14:沢山池

2015/03/14:沢山池

2004/03/11




2014/04/08 (沢山池)

2014/04/08 (沢山池)

2012/04/24 (沢山池)

2009/03/30 (自宅周辺)




07/03/26 (沢山池)

06/03/22

05/03/26

04/01/11



燈台(トウダイ);中に油を入れて明かりを灯す。
燈芯に灯がともると灯は燈明台にさえぎられてその下が暗くなる。
このことから「燈台もと暗らし」という教訓的な言葉が生まれた
r