山・川・公園/ ウォーキング/ ぶらり探訪/ 海岸/ ダイヤモンド富士/ 園芸種/ 家庭菜園/ オープンガーデン/ 神奈川県花めぐり/ 野草/ 水辺の鳥/ 山野の鳥/ カワセミ/ 生き物/ 三浦七福神 / トップページ

キランソウ
(金瘡小草:キランソウ属)/別名:ジゴクノカマノフタ

野草の全名前

キランソウ

モモイロキランソウ

タチキランソウ

ジュウニヒトエ

ツクバキンモンソウ



語源

 やや乾燥した草丈の低い草地などに見られる。放射状に地を這って茎を伸ばすため,その草型が地面にふたをしたようにへばりついていることから、地獄の釜の蓋とも呼ばれます。
古くから民間薬として用いられており、別名ジゴクノカマノフタ。地獄の釜の蓋を閉めて病人を回復させるという意味があるらしい。九州ではイシャコロシともいう。

分布 本州、四国、九州
生育地 道端
花期 3〜5月
草丈 30〜80cm


2019/04/16:衣笠山公園

2017/04/21:衣笠山公園

2008/03/28:光が丘公園

2016/03/31:前田川

2015/04/06:前田川

2013/04/08


08/06/17
 (武山ハイキング)

05/04/03

05/04/03

04/04/05

03/04/07
 (沢山池)

02/03/19
 (衣笠山公園)

06/04/20
 (子安の里)


かわいそうな名前の野草たち
私だって一生懸命に咲いているのよ。