三浦半島の山・川・公園/ 三浦半島のウォーキング/ 三浦半島の海岸/ 相模湾を前景に見る富士山
ぶらり探訪三浦半島/ 三浦七福神 /鎌倉めぐり/ 野草/ 野鳥/ 神奈川県花めぐり/// トップページ

県立城ヶ島公園


■■■■■■■■■■県立城ヶ島公園コース ■■

 城ヶ島公園まで。

京浜急行三崎口から城ヶ島行きのバスに乗る。20分ぐらい乗ってると城ヶ島大橋を渡ってすぐに 白秋碑前というバス停に着きます。 左写真下のようにトンネルをくぐりますと右写真になって突き当たって左に曲がると 城ヶ島公園入口につきます。(歩いて約15分ぐらい)

2015/12/20

2015/12/20



城ヶ島


 城ヶ島公園内

利用時間
4月〜9月 : 8時〜19時
10月〜3月 : 8時〜17時
利用料金
一日 普通車 430円 / 二輪車 100円
※障がい者手帳を提示されると料金が免除されます。 ※1台につき20円の緑化協力金の寄付をお願いしています。


三浦半島の最南端の島が城ヶ島。この島の東半分に広がるのが県立城ヶ島公園です。 公園の周りは岩礁地帯で、荒々しい波しぶきを感じます。


強風により、変形したマツの姿や、波に削られた岩礁など荒々しい風景が目につきます。 公園を拠点に城ヶ島を楽しんでみてください



展望休憩所からは360度の大パロラマを見ることができます。
房総、伊豆半島が望みます
左下写真は伊豆大島。




何か動物の顔に似ているので、何に見えるのかな?

2006/01/24:j07
2006/01/24:j05
2006/01/24:j03
2006/01/24:j02
2006/01/24:j08


■■■■■■■■■■岸壁コース ■■// 動画(20121113)
2006/01/24:p04
2006/01/24:p03
2006/01/24:p02
2012/11/13
2006/01/24:p01

■■■■■■■■■■安房崎(あわざき)コース ■■// 動画


県立城ヶ島公園に入って一番奥の方に安房崎へ行く道があります。


曲がりくねった坂道を降りていくと目の前に海が広がる。


安房の国といえば当地より望見する南房総一帯をいいますが、 その安房に向く岬という意味から安房崎の地名がついたといわれております。
安房崎の「はな」は海中に突出した磯のため浅瀬が多く、航行する船舶の難所であった ため、 昭和37年現在ある白亜のスマートな無人灯台が台が設置されました。


みずったれ
鎌倉幕府の昔、征夷大将軍源頼朝は三浦三崎の風光を賞でて、しばしば来遊しました。 特にこの地は清純な清水がわくところであったので頬朝はこの水を煎茶や、 硯の水にしたという伝説ガあります。土地の人は靴って「みずったれ」とかなったみたいです(要旨)


海岸に降りてから左の方に進むと神奈川県水産工場研究所への道があります。 現在は通行止めになってましたが4年までは通ることができました(下の写真がその当時)




城ヶ島の突端の海岸も岩礁で奇妙な岩を楽しむことができます。




遊覧船から城ヶ島の安房崎を撮した。

左下は安房崎灯台のそばの海の波の激しさを撮影。また下右写真は盗人狩を撮った。













三浦半島のウォーキング 花の家