三浦半島の山・川・公園/ 三浦半島のウォーキング/ 三浦半島の海岸/ 相模湾を前景に見る富士山
ぶらり探訪三浦半島/ 三浦七福神 /鎌倉めぐり/ 野草/ 野鳥/ 神奈川県花めぐり/// トップページ

ヒルガオの仲間


花言葉は「きずな」「友達のよしみ」です。
どちらも茎でのびる性質から来ています。 ユーロッパでは大型の花は「危険な幸福」の意味、小型の花は「昼の美人」の意味がある。 これはどっちもヒルガオが蔓で絡んで咲くことから人妻の情事をイメージしている。 なお昼の美人はヒルガオですが夜の美人はオシロイバナです。(ユウガオでないよ)



ヒルガオ科ヒルガオ属
ヒルガオ

ガクの上に大きな包が2枚ある/葉の長さは5〜10cm

コヒルガオ

襞があるのが特徴。葉の長さは3〜5cm。葉の先は尖る/直径35mm

ハマヒルガオ

海岸の砂地/茎は地面を這う




ヒルガオ科セイヨウヒルガオ属
セイヨウヒルガオ

ヒルガオの仲間は苞が大きくて萼を包んでいるが、 セイヨウヒルガオの苞は小さいうえに花柄の途中につくので区別は容易だが、まだ実際に見ていない/花色は白




ヒルガオ科サツマイ属
グンバイヒルガオ 海岸 行事の持つ軍配に似ている。


似た野草の見分けかた