三浦半島の山・川・公園/ 三浦半島のウォーキング/ 三浦半島の海岸/ 相模湾を前景に見る富士山
ぶらり探訪三浦半島/ 三浦七福神 /鎌倉めぐり/ 野草/ 野鳥/ 神奈川県花めぐり/// トップページ

セリバヒエンソウ
(芹葉飛燕草:キンポウゲ科)

語源

この花の形と葉の先が羽状に深裂し、 セリの葉に似ているところからセリバヒエンソウの名前がついた 1年草。茎の高さは15〜40cm。葉は長柄があって互生。葉身は3角状卵形。 3全裂。 萼片は5個、花弁は薄紫。 中国原産で明治に渡来。

分布
生育地 山野
花期 3〜5月

2019/04/16:衣笠山公園

2017/04/21:衣笠山公園

2016/04/17:衣笠山公園

2007/04/11:鎌倉



2014/05/07 (観音崎公園)

2014/05/07 (観音崎公園)

2014/05/07 (観音崎公園)


08/05/27
 (観音崎公園)

08/05/27
 (観音崎公園)

08/05/21
(KA)

07/05/21
(KA)

07/04/11
(KA)

07/04/11
(KA)

07/04/11
(KA)

07/04/11
(KA)