三浦半島の山・川・公園/ 三浦半島のウォーキング/ 三浦半島の海岸/ 相模湾を前景に見る富士山
ぶらり探訪三浦半島/ 三浦七福神 /鎌倉めぐり/ 野草/ 野鳥/ 神奈川県花めぐり/// トップページ

松輪海岸
江奈湾

(撮影:2005/02/11)

剣崎と毘沙門の磯の間に広がる江奈湾に、松輪海岸がある。 釣り人にはとってもよい場所だ。
波は静かで、泥湿地が広がる江奈湾内。葦が生い茂る中、所々に浜や磯が見受けられる
神奈川県三浦市。三浦海岸から三崎行きのバスに乗って 松和海岸バス停で下車します。 そこは、広い江奈湾が見えます。 漁船がたくさん停泊してました。港の入口の看板には「間口漁港」と書かれています。 地元では松輪漁港とか江奈漁港とも呼んでるそうです。 ここは釣り船も多く、11月頃に釣れるサバは松輪鯖と呼ばれ商標登録されているみたいです
鯖で有名な間口漁港( 動画)


三浦半島の雄大さを歩いて体験しよう
三浦・岩礁のみち!!






松輪海岸

2013/11/05
2013/11/05//松輪漁港
2013/11/05//江奈湾
2013/11/05
2013/11/05
2013/11/05
2013/11/05

松輪漁港

2013/11/05
2013/11/05
2013/11/05
2013/11/05

江奈湾の干潟

03/09/29
「干潟」とはもともと遠浅の浜のことでひき潮のときに、海底が広くあらわれるところをいいます。 この干潟では四季を通じていろいろな生物を見ることができます。 中でもカニ類が多く、アシ原にはアカテガニやアシハラガニ、泥場にコメツキガニ、みおすじの砂泥や転石のしたにケフサイソガニなどが生活してます。また、泥の中には テッポエビ、スナモグリ、オキシジミガイ、アサリなどもいます。 水鳥も多くキアシシギ、ハマシギ、コチドリ、コサギなどを見ることができます。 湾の中央には細長い緑色の紙ひものような植物(アマモ群落) が水面をおおい、この中にボラ、ウミタナゴ、サビハなどの幼虫が生活をしてます。 冬はユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメが飛び交い沖の岩礁では ウミウも休息してます


2005/02/11:干潟
2005/02/11
2012/04/07
2012/04/07


三浦半島の海岸 花の家