三浦半島の山・川・公園/ 三浦半島のウォーキング/ 三浦半島の海岸/ 相模湾を前景に見る富士山
ぶらり探訪三浦半島/ 三浦七福神 /鎌倉めぐり/ 野草/ 野鳥/ 神奈川県花めぐり/// トップページ

走水神社はしりみずじんじゃ

2013/11/13

景行天皇の御代,東征中の日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は,古代東海道をたどって来たり走水から船で上総へ渡ろうとしたが, 暴風雨に阻まれ,立ち往生してしまった。 このとき,同行してきた弟橘媛(オトタチバナヒメ)がみずから入水して海神の怒りを鎮め, 航海の安全を図ったという伝説にちなみ,創建された古社。 日本武尊は,航海に先立ち当地を「水走る」と称えたことから走水の地名が起こったという。 また,日本武尊は,わが身を犠牲にして海を鎮めてくれた弟橘媛を偲び,御所ヶ崎に祭る一方,村人の敬慕に謝し冠を下賜されたといわれる。 村人はこの冠を石棺に納め,その上に社殿を建立して尊を祭ったのがはじまりと伝わる。 明治43年,近くの御所ヶ崎に祭られていた弟橘媛は走水神社に合祀された。 境内に弟橘媛の顕彰と航海の安全の祈願を込めて奉納された「舵の碑」がある。(ポイントガイドより抜粋)
交通:J馬堀海岸駅から観音崎行きのバスに乗って走水神社で下車、徒歩1分 // [地図]



2013/11/13

2013/11/13

2013/11/13

2013/11/13//神輿倉

2013/11/13//包丁塚

2013/11/13//弟橘媛

2013/11/13

2013/11/13

2013/11/13

2013/11/13

2013/11/13//針の碑

2013/11/13//稲荷社

2013/11/13

2013/11/13//水神社

2013/11/13

2013/11/13

2013/11/13//須賀神社・神明社・諏訪神社

2013/11/13//御神木

2013/11/13//map



花の家