三浦半島の山・川・公園/ 三浦半島のウォーキング/ 三浦半島の海岸/ 相模湾を前景に見る富士山
ぶらり探訪三浦半島/ 三浦七福神 /鎌倉めぐり/ 野草/ 野鳥/ 神奈川県花めぐり/// トップページ

植物の一番長い名前と短い名前


リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ

漢字で書けば「竜宮の乙姫の元結の切り外し」となり別名は 「アマモ」と呼ばれてます。
遠浅の砂地の海底に生える草です。 アマモ(甘藻 Zostera marina)は、 沿岸砂泥地に自生する海草。雌雄同株。

(撮影:荒崎海岸/2009/07/04)



あまり短すぎるので長くして「イグサ」と 呼ぶほうが一般的になっています。
別名:灯心草とも呼ばれ、茎の中心部の髄を灯明の芯として使ったことによる。 また、イグサは畳表の材料として身近なものである。

(撮影場所:しばざき橋/撮影日:2009/05/19)