山・川・公園/ ウォーキング/ ぶらり探訪/ 海岸/ ダイヤモンド富士/ 園芸種/ 家庭菜園/ オープンガーデン/ 神奈川県花めぐり/ 野草/ 水辺の鳥/ 山野の鳥/ カワセミ/ 生き物/ 三浦七福神 / トップページ

ラナンキュラス (ハナキンポウゲ)

ラテン語のrana(蛙)に由来します。湿地が自生地がであることによります。
花びらが絹のような肌触りだから「晴れやかな魅力」という花言葉がぴったし。
原産地は中近東からヨーロッパ東南部。十字軍に参加したルイ9世が母のために 持ち帰ったのが初めてともいわれています
キンポウゲ科キンポウゲ属の属名に与えられた学名がラナンキュラスです。 この仲間は約500種が世界中に分布し、ラナンキュラスといえば鉢花や切り花で見かける「ハ ナキンポウゲ」を指す場合がほとんどです



2018/02/11

2018/02/11
2018/02/11
2018/02/11
2018/02/11
2018/02/11

(撮影:2008/01/17)

2016/03/02

2016/03/02

2016/03/02

2016/03/02

2016/03/02

2014/03/01

2014/03/01

2014/03/01

2014/03/01

2012/02/10

2012/02/10

2012/02/10

2012/02/10

2010/02/21

2007

2010/02/21

2010/02/21

2009

2007

オレンジ

2010/02/21

2008

2007

ピンク

2010/02/21

2010/02/21

2009

2007

2007

2010/02/21

2009

2007




キンポウゲ科ラナンキュラス属の多年草
「原産地」南西アジアからヨーロッパ「開花時期」4月〜5月「花持ち」5〜7日程度「別名」ハナキンポゲ、ハナキツネノボタン